産学連携と数理・暗号分野連携によるカードベース暗号の深化と新境地

整理番号 2024a035
種別 一般研究-短期共同研究
研究計画題目 産学連携と数理・暗号分野連携によるカードベース暗号の深化と新境地
研究代表者 須賀 祐治(株式会社インターネットイニシアティブ セキュリティ情報統括室・シニアエンジニア)
研究実施期間 2024年5月20日(月)~ 2024年5月23日(木)
研究分野のキーワード カードベース暗号、秘密計算、ゼロ知識証明、有限群、アソシエーションスキーム
目的と期待される成果 カードベース暗号は、物理的なカード組を用いて秘密計算やゼロ知識証明等の暗号機能を実現する技術である。その特徴は、カードを並べることによりプロトコルを視覚的・体験的に実行できることであり、暗号技術に関する教育的効果が期待されていることに加えて、非専門家が日常生活において利用できる実用的な暗号技術であるといえる。2023年5月に開催された前回のIMI短期共同研究では、カードベース暗号における未解決問題リストを公開することにより新規参入研究者の増大を目指した。報告書に記載されている未解決リストだけでなく、広く公開されている当日の講演動画や講演資料も参照できることもあり、結果として国内外のカードベース暗号の論文数は増加に転じており、特に新規参入した研究者を含め大変好評であったことが窺える。この状況を踏まえ、以下2つの軸で短期共同研究を継続開催すべきであるという考えに至った。第1に若手研究者の招聘枠を多めに確保することで講演の機会を増やすとともに、工学、理学(特に数学)に精通したシニア研究者との対話を通して、研究の新しい解釈や気付きなどを共有することで、さらなる研究の高みを目指してもらうことを目標とする。代表者としては、若手とシニア研究者の交流の場としても機能できるよう配慮したい。第2に、昨年度得られた未解決問題に対してここ1年間で解決できた課題の共有を行うとともに、新しい視点からの研究課題を追加するなど未解決問題リストのブラッシュアップを目指すこととする。このような2つの軸を持つことで、研究領域の増大と並行してさらなる新規参入研究者の増大に資すると考える。
組織委員(研究集会)
参加者(短期共同利用)
水木 敬明(東北大学・教授)
縫田 光司(九州大学・教授)
品川 和雅(茨城大学・助教)
宮原 大輝(電気通信大学・助教)
WEB