工学と数学の接点を求めて

整理番号 2022c004
種別 随時募集枠-研究集会(Ⅱ)オンライン型
研究計画題目 工学と数学の接点を求めて
研究代表者 中澤嵩(大阪大学MMDS・准教授)
研究実施期間 2022年9月20日(火)~ 2022年9月20日(火)
研究分野のキーワード 画像解析,可視化,衛星画像
本研究で得られた成果の概要 本研究集会では,西日本アライアンス(大阪大学・和歌山大学・愛媛大学・島根大学・高知大学・広島工業大学が加盟)が主催し,株式会社電通・株式会社日立システムズから課題提供を受けて開催している大学間共同PBLに参加する学部生を主な対象として,数理・データサイエンス・AIで見られるデータ収集・データベース構築・データ解析の作業手順を衛星画像の解析を通して解説が行われた.PBL開催期間中には(基調講演という位置づけで開催していたことから),参加学生は実際に科学技術・産業界で行われている解析事例に触れるとともに,グループワークでスムーズに作業を進めることに繋がった.PBL終了後に行った学生アンケートでは,極めて評価が高かったため来年度も同様の研究集会を開催する予定である.
組織委員(研究集会)
参加者(短期共同利用)
中澤嵩(大阪大学・准教授)