VRを用いたインタラクティブな高次元認識 2

整理番号 2022a014
種別 一般研究-短期共同研究
研究計画題目 VRを用いたインタラクティブな高次元認識 2
研究代表者 稲生 啓行(京都大学大学院理学研究科・准教授)
研究実施期間 2022年8月29日(月)~ 2022年9月2日(金)
研究分野のキーワード 4次元可視化,ヴァーチャル・リアリティ,コンピュータ・グラフィックス
目的と期待される成果 数学や物理,データ分析などの分野においては,しばしば4次元もしくはそれ以上の高次元の対象が現れる.これらを近年急速に発展しているヴァーチャルリアリティ(VR)機器・技術によって可視化し,感覚的に理解できるようにすることが本研究の目的である.VR空間に4次元の対象をリアルタイムに可視化し,動きまわって観察したり操作したりする手法について実際に実装しながら研究し,心理実験によってその効果を実証する.
4次元空間における長さや角度,位置関係といった幾何学的構造の認知についての理解を深め,それを踏まえたVR可視化ソフトウェアの改良を行うことで,更に直感的に4次元の対象を観察し,操作できるようになることが期待される.観察対象となる数学的なオブジェクトや抽象的なアイディア・複雑なデータを可視化する方法についても様々な可能性がある.心理実験による検証を行いながら見たい構造や性質に応じた適切な表現・操作方法を実装していくことで,高次元の対象の幾何学的・位相的構造のより直感的かつ深い理解が得られることが期待される.
数学的・抽象的なアイディアや複雑なデータを観察し理解する為に,このような可視化の手法は今後ますます重要になっていくであろう.教育の場では人々の興味を呼び起こし,またより深い理解を与え,研究においては新しい構造や現象の発見につながり,そこから得られる新しい知見によって諸分野の発展が得られることを期待している.
組織委員(研究集会)
参加者(短期共同利用)
石井 豊(九州大学・教授)
鍛冶 静雄(九州大学・教授)
松本 啓吾(東京大学・助教)
寺尾 将彦(山口大学・講師)
稲生 啓行(京都大学・准教授)
安生 健一(イマジカ・グループ/オー・エル・エム・デジタル・ディレクター/技術顧問)
Marc ten Bosch(mtb design works Inc.・president)
WEB